鑑定報告書

XXX様:

拝啓 深秋の候、ますますご清栄のことと存じます。ご依頼品の鑑定は完了しましたので、当店の鑑定意見をご報告いたします。

依頼品:鍍金青銅人面像(仮名)
依頼品出所:都内古美術店 
ほかの佐証:ありません

品の特徴:高さ16センチの青銅鍍金立体人面頭像。中空、首以上の部分になります。本体は状態良好で、面目清楚。表には多少緑の錆が付きます。内部には全面錆付きです。紫檀台が付きます。

依頼人の要望:中国古代の青銅器かどうかを知りたい。 

鑑定方式:実物による鑑定です。 

鑑定結論:現代複製品(中国xx省xx堆発掘品の複製品または工芸品)

結論に至るまでの重要な事項:
@外見概述: 
 該当銅像の造形から見れば、中国xx省xx堆の発掘品青銅人面像です。資料によると、xx堆で発掘された同類品は千点以上がありました。民間による盗掘もあるため、海外に流出される品も相当多いかと思います。

A
主な疑問点
 当店はxx堆発掘品と照合した結果は、xx堆青銅像は地銅は灰色気味の青銅質であります。内、金箔貼りの銅像も数点か発見されています。金銅または鍍金遺品は発見されていません。

B
ほかの気になるところ
 xx堆文化の時代は中国商の時代、約3000年前です。該当鑑定品の状態はあまりにも好過ぎたかのように思われます。青錆は表面に浮かび、周りに酸化膜は見当たりません、錆のない部分との渡し部分も見当たりません。
 遺品のXX堆金箔銅像は数点はいずれも目の部分は金箔はありません。

懸念事項:鑑定品の製作工芸、全体造形、顔面造形、細部(耳たぶの穴や、脳後部分の髪型、頭冠の文様)、サイズなどは、xx堆発掘品とは違いがないから、原物から型取って鋳造による製造だと分かります。青銅器の年代を表す錆にいては、品の保管環境により、千変万化でありますが、一概とは言えません。しかし、いつくかの特徴を掴むことはできます。厚い錆層の下に古銅色の酸化層が必ず存在するので、今回は持ち主の了解を得ていませんので、錆を削ることは遠慮させていただきました。

参考品写真:xx堆発掘品銅像写真数点は同封いたします。
評価額:2万円(紫檀台含む)

敬具

xxxx年xx月xx日