>ホーム  
秘色青磁★北宋時期 越窯花口瓜楞高足瓶 お問い合わせ:fukuendo@kanailtd.com
 
サイズ&状態:口径9.5㎝ 高さ25.6㎝  高さ9.9㎝ 口縁上部に部分薄色窯変があります。完全品です。
落款:
付属品:桐箱

見所:
越窯花口瓜高足瓶の様式は、北宋汝官窯、龍泉窯、ならびに湖田窯(後の景徳鎮)の製品は発見されています。
円潤かつ精緻な造形は唐以来の佛前の金銀浄瓶と思わせますが、この品を見るとやはり秘色窯らしい作りもので、この造形の元祖は越窯であることが証明された。

制作時期は北宋よりもう少し早いかもしれないが、北宋初期の越窯秘色器は北宋朝廷初期に献上していることは近代考古で実証されているから、ご興味のある方は店主のブログへ過去の関連記事をご覧ください。
北宋李後陵と越窯官用磁器

この形完全一致の秘色青磁花瓶は世界では初だしかと思いますので、深隧的穏重的な秘色青磁の魅力を思う存分楽しめます。

 参考品:中華博物誌掲載 北宋時期越窯 青磁持壷