>ホーム
東漢 緑釉三足弦文陶鍑(ふく)
お問い合わせ:fukuendo@kanailtd.com
 
サイズ&状態 高さ20㎝ 胴径約23㎝ 緑釉部分は銀化及び大部が剥かれている。明かな欠損はない。
落款
:無 付属品:無。

説明:
本品の造形は青銅器のふく(金辺の腹、ふく、現代では三足壺と呼ぶ)に由来するが、太腹の容器で、口が小さいため、醤や糟を貯蔵する用途だと言われる。歴代に口縁、持手や足の変化が見られますが、六朝以降の唐物原始青磁陶や三彩陶は日本にも発掘されているですが、漢緑釉三足壺の発見は本品は国内初だと思います。

本品の上半部の緑釉は銀化やスレ落ちしている。三つ足付きと下半身には釉掛けしていないことは、この品は炭盆の中に置く加熱に使う器であることを示している。



参考品:唐青磁鍑(三足壺) 太宰府周辺での発掘品
 本品