>ホーム
 唐 鞏県窯緑彩水盂  お問い合わせ:fukuendo@kanailtd.com
 
サイズ&状態 高さ5.5㎝ 胴径約8.2㎝ 口縁部に少々釉抜け部分が見受けられますが、完全品です。
落款
:無 付属品:台座、桐箱

説明:
緑釉だけが流れる
爽やかな雰囲気の唐緑彩水盂、唐三彩の”文房用品”の素なイメージを演出するには大変良いだろうと緑釉や白釉一色のものが見つけられている。
この製品の窯元の鞏県窯は唐の初期から最も重要な三彩窯ですが、あの有名な三彩双龍耳の水壺の生産窯でもありmす。鞏県窯が生産した唐白釉ものは唐宮廷に御用されていました。三彩の文房用品のデザインは時代的にはやはり貴族や文人など上流階級ための製品であり、鞏県窯だからこぞの製品である。


参考品:中華博物誌掲載品 唐鞏県窯緑彩水承
 
 本品