>ホーム
北宋定窯官用手 黒釉劃花花口折腰小盤 お問い合わせ:fukuendo@kanailtd.com
 
サイズ&状態 高さ4.5㎝ 直径18㎝ 皿内部に少々の窯砂付着が見られます 完全品です。
落款
:無 付属品:桐皿箱、紫布。

説明:
北宋官窯様式の六寸皿ですが、薄手で最上級の仕上げものでした。漆の如く黒釉は”黒定”と呼ばれる定窯黒釉の伝説が蘇る。
文献記載の一例ですが、明の時代収蔵家項墨林の「歴代名瓷図譜」は「宣和博古図」以来の大作で、北宋定窯の部には、こんな記述がありました:”定窯白色居多,紫墨之色恒少,至于墨色尤為罕見,余生平所見定窯白色者百余,紫色者数十,墨色唯見此一種而已。”
訳文:
定窯のものは白色が多い、紫色や墨色のものは非常にすくない。墨色ものは猶更珍しく、私は生涯て見た定窯ものは白物は数百件あり、紫色ものも数十件あったが、墨色ものはこの一つだけです。

本品と同様な様式の紫定窯皿一点は故宮博物館に収蔵されています。本品と同様な窯足様相の白定皿一点は韓国国立中央博物館に収蔵されています。参考写真は本ページの最後にアップしていますので、ご参考ください。
(関連福縁談ブログ記事:
定窯の土 故宮蔵と対照組
按図索驥は不可(再談MOA美術館蔵定窯黒釉笠形碗
底足施釉は上等品の仕上げです



参考品:北京故宮博物院蔵 北宋定窯紫金釉葵口盤(紫定)
 本品(黒定)
韓国国立中央美術蔵(北宋定窯白磁劃人物文碗 番号1381、底部や縁部の様相は本品と同様な工法 白定)
https://www.museum.go.kr/site/jpn/relic/search/view?relicId=1044