>ホーム  
北宋定窯官用手 黒釉劃花葵式盤 ご相談や下見予約は:fukuendo@kanailtd.com
 
サイズ&状態: 高さ4.5㎝ 直径18㎝ 完全品です。
落款:
付属品:桐皿箱、紫布。

解説:
北宋官窯様式の六寸皿ですが、漆黒の”黒定”と呼ばれる定窯の逸品。薄手で輪花口中央に刻牡丹文の折腰盤。最上級の仕上げものでした。世界の大手オークションの相場では1億円にくだらないものかと思います。

明の時代収蔵家項墨林作「歴代名瓷図譜・北宋定窯の部」には
”定窯白色居多,紫墨之色恒少,至于墨色尤為罕見,余生平所見定窯白色者百余,紫色者数十,墨色唯見此一種而已。”
とあるから、その珍貴さが説明できたと思います。
訳:定窯のものは白色が多い、紫色や墨色のものは非常にすくない。墨色ものは猶更珍しく、私は生涯て見た定窯ものは白物は数百件あり、紫色ものも数十件あったが、墨色ものはこの一つだけです。



 参考品&世界の大手オークション落札記録



注:北宋定窯の窯変は自然窯変ですから、窯変しないものも当然あります。