>ホーム
明宣徳窯 青花花果文長六角形水仙盆 お問い合わせ:fukuendo@kanailtd.com
 
サイズ&状態高さ8.3㎝、口径22.3x14.6cm、古窯現象の縮釉や錫斑、飛青があります。状態の好い完全品です。
落款:染付楷書
一行「大明宣徳年製」官窯落款
付属品:桐箱。

説明:
HKクリスティに出品される同類品の説明によりますと:永楽~宣徳官窯は北宋鈞窯の花盆の形を真似した染付の花鉢をつくってました。明初期の復古風潮の一つと読み取れる。現存するこれらの花鉢の遺品は世界で4つしかないが、景徳鎮官窯跡地で発掘した同類品の破片があったから、実証されるものとして、市場の評価が高い。

本品の染付の発色からは輸入コバルトと土青を調合したものの、呉須が地土へ喰い込みしています。それと古窯の現象や宣徳ながらの工法と風貌を満喫できる逸品です。落款も正しいから、世界5番目だと弊店の自慢になる発見です。



 
以下参考品写真:  本品の落款
宣徳窯落款2例サンプル
景徳鎮珠山官窯跡発掘品、現景徳鎮陶芸博物館蔵:
宣徳青花花果文盤(調整呉須使用)
本品