>ホーム
元末明初 輸出手 釉裏紅纒枝蓮文小缶 お問い合わせ:fukuendo@kanailtd.com
 
サイズ&状態 胴径約10.5㎝ 高さ9.5㎝。良好な状態です。
落款:

付属品:

説明:
元末~明初(洪武後期~永楽前期)に景徳鎮窯が輸出用に作られた釉裏紅小器の一つです、文房用品の壺型の水盂です。そのため、中国国内遺品がすくなく、東南アジアの博物館で多く見られるものにして、早期釉裏紅ものとして人気が高い。

この度、国内で見つかり、シミや艶の具合からみますと海上がりだったかもしれないが、小品でありながら、作りや描きとも手抜く所がなく、趣がある古陶磁なので、実際使用しながら、書斎案上に置くと恰好な美術品になります。



参考品:元末 釉裏紅菊紋小缶

本品:
元末明初 釉裏紅纒枝蓮文水盂