>ホーム
雍正年製 琺瑯彩西洋紅梅文碗 お問い合わせ:fukuendo@kanailtd.com
 
サイズ&状態 口径14.8㎝ 高さ6.5㎝。年代の艶がよい、絵付けも完全良好な状態です。
落款:高台裏に
楷書印章式藍料款「雍正年製」(御窯琺瑯彩器落款様式)、本体壁に墨彩詩文と印章式紅料款「佳麗」、「古寿」、「清香」。
付属品:唐木台座、桐箱。

説明:
清の時代陶磁芸術品の巓峰作:雍正御窯琺瑯彩器はご存知ない方はおらんかと思いますが、その内琺瑯彩単色絵付けものは故宮でも1点2点とかまっさか皇冠上の珍珠である。

本品の絵付けは琺瑯彩西洋紅一色を使って、国の最高の技師が手絵した透明感のある花弁と挺抜な笹の葉は感動を呼ぶ、梅の幹木の紋理の細部まで精緻に描けるその技量の高さは絵画を超越していると思う。これこそ御窯琺瑯彩絵器であり、一つ一つ国家級の師匠により芸術品として仕上げられて、皇帝が自ら鑑賞用や外国の君主への贈り物である。

清中期文献《南窯筆記》のより:“今之洋色則有胭脂紅、羌水紅,皆用赤金与水晶料配成,価甚貴。”
訳:今の洋彩の中に胭脂紅、羌水紅ものがあります、”洋彩顔料”が純金と水晶と配合して作るから、とっても貴重なお品です。


注:琺瑯彩紅色顔料の発色は伝統的な鉄紅彩と発色は若干違うので、西洋紅やローズ紅などの呼び名があります。また化粧用の胭脂と色近いなので”胭脂紅”との呼び名もここからありましたが、乾隆年以降新作の胭脂紅粉彩顔料や胭脂紅釉の単色釉も”胭脂紅”と呼ばれるだが別物だと考えていただきたいと思います。



以下参考品参考価格:

本品:
 雍正年製 琺瑯彩胭脂紅梅文図碗