<ただ今持筆中・・・>

前書き:
宋龍泉窯、元景徳鎮窯、明清景徳鎮窯には”哥窯戸”、”官釉戸”と呼ばれる哥窯/宋官窯の写しを専門とする窯工房があった。明清の”哥官工房”は官注貿易磁の生産を請け負ったので、官窯として認められる。これらの倣哥窯/倣官窯ものは、習慣上”哥釉”/”官釉”とも呼べれる。明宣徳、明成化、清雍正は倣哥/官が盛行し、品格や外見は宋磁に近い。品質も一番高い。

注:倣官窯の”官”は宋の時代の官窯を指すですが、それは北宋官窯か?または南宋官窯か?言葉上はは違いがないが、要するに、哥窯の金糸鉄線&銅口鉄足、尚且つ油性の強い光沢、この三つ哥窯の特徴が揃ってないものは、概に”官釉”と呼ばれます。或いは、”堆脂”と喩える官窯釉の玉質な半透明感とソフトな光沢のものを指す。その内、主に、南宋官窯を擬似したものが多い。

(太字:最高評価) 哥釉     官釉  (注)
 サンプル 地土造形   釉色 磁貫   サンプル
   
(故宮)
    
 オリジナル 鉄分が含む黒土
銅口鉄足現象

宋時代古典造形。
角が丸いだが、端正が失わない。
やや重厚
月白、米黄、天青、粉青。
油性光沢、宋一代に最強の艶が誇る。

釉層が官窯に近い厚さ。
釉層に大量の大小不均等な泡が集まる現象が見られる(聚沫攒珠)
長い黒色磁貫の間に褐黄色の短い磁貫(善魚血)が密集、交織している(百及砕)。金糸鉄線現象
磁貫線が自然に延伸は曲度あり。

磁貫の色は上浅下深。

氷裂文磁貫ものもある。
 
 龍泉窯(倣)
(中華博物誌)
黒土。
鉄足ですが、銅口現象が弱い。

器形も一般的民用品ものが多い。
龍泉青磁の青い色調が強い。
艶には魅力がない。
釉層に気泡が密集。
汚れた黒色の磁貫細砕密布(魚子紋)、少ない金糸たまにある。  
元~明初
景徳鎮窯 

(沐英墓発掘品、南京博物館)
黄土、雑質ある。繊細な土ではない。
造形上粗厚古拙、混沌にして曲折がない。
 浅い灰白色(灰色強い月白)
表釉薄い、雑質ある。
艶は暗淡、焼き温度が不足の感じ。
紛乱して規則がない。
磁貫の色ははっきりしない。
 

景徳鎮窯 
永楽
(故宮)
 細白土軽薄  潔白光沢あり 長い磁貫、褐、黄、黒。
金糸鉄線現象なし 
 
  宣徳

空白期

(故宮)
 
  
  
灰黄土、粗松、高台足素地で同年代窯ものと同じ特徴。
底足に醤釉塗る場合がある、銅口現象はない。

やや壁厚や軽い歪みがある。造形は古典で端正。
淡黄、月白
若干渋い油性光沢
釉面に橘皮紋あり、
釉層に同年代焼き物の気泡現象あり。
 多くは一色の磁貫ですが、
磁貫が硬直密布。
鉄紅色の線が深い、稀に薄い金糸があるものもある。
 成化


(故宮)


地土は繊細潔白だが、底足に黒褐釉、醤黄釉を塗る。
底足は油感あるものが多い。稀に素地のものもある。

口縁部に醤釉塗り。 小さい器ばかりで、造形は古典的だが、
仕上げは緩い。
米黄、天青、粉青、月白
表釉が肥厚にして晶体状光沢があり、
強い光沢はこの時期の特徴。
金糸鉄線。
黒色主線に浅い褐黄小線、
線の曲度ははやや硬い
長短分布は均等ではない。
 
 嘉靖   白い、疎松な土、造形は宋器より粗大重厚。
やや歪みが感じる。

表釉を削り取る、掻き落とし、刻むなど、黒鉄色の胎土を露出して装飾する工法が見られる。

口縁部に黄釉塗りする場合がある。 
黄、灰、淡青。
宋器とイメージが近い、写しの水準が高い。
光沢面はやや宋器より弱いぐらい。

黄色釉:疎松な長い黒色磁貫。
灰色釉:細密な短い黒色磁貫。

 
 萬暦   白胎、工芸粗相、仕上げ不規則、厚さは均等ではない。
造形碩大混円。

口縁に醤、黄釉塗る。

”玉堂佳器”、”福”、”雅”など落款ものがある。
 表釉肥厚かつ厚薄不均等。

呉須染付るものがある。
細砕黒色磁貫、または
ピンク色の粗松な磁貫。
 
 欧窯   高台足裏まで釉掛け、 素地が露出しない。
造形粗大、不規整。 
天青、粉青、月白、米黄、何れも暗黄気味。
釉面光滑、中等程度の油性感がない光沢。
明瞭疎松な単線磁貫が硬直に感じる。  

景徳鎮窯
 康熙   
  堅実細白、工芸水準が高い。
口縁部底足部色塗らない場合が多い。
造形も康熙らしいものが多い。
落款”中丞”のものは朗窯器 
米黄、粉紅色ものが多い。ほか天藍、天青、林檎青、朗窯緑など新調ものが出た。
明亮で適度な光沢。ガラス質の透明感がある。
金糸鉄線もの、
氷裂もの
単線磁貫などがあります。
 
 雍正
(故宮)
宋器に似ている灰鉄色の胎土の使用はこの時期の特徴。
銅口鉄足現象ある。
高台足裏など胎土が露出部分は焼成後に油光沢の黒鉄色を呈する。

清の時代特有な造形ものがある。
粉青を基調とし、ほかの色も基本的の揃ってる。
宋磁と極めて近い玉質感のぼんやりとした光沢。
金糸鉄線現象。
宋器に比べると、
磁貫の密集程度はやや下、金糸が少なく鉄線が多い。
磁貫の曲折度は宋器より大きい。
 乾隆   
(故宮)
雍正ものとは大差がない  
 実用品様式のものも出た。 釉色は灰白を基調とする、黄、緑などの色も出た。 宋磁のような磁貫線が繊細の曲折は見られない。  
 清中期  嘉慶以降は製作だんだん粗糙化していきます。
土質に雑質あり、松、白、厚。仕上げは丁寧ではない。
口縁部に黄釉塗りものある。
器の足壁が厚く、大きく開く。

底足に素土、褐釉塗り、黒漆塗りなどあります。
官窯ものは落款がある。
民窯も写しを乱造して、底部に”成化年製”と刻銘。
粉青一色、肥厚明亮、潤い感がない。
波浪釉現象。

磁貫はっきりしない。
磁貫がないものもある。
 
 光緒   民窯ものは基本的に清中期ものと同調ですが、官窯や貿易磁には精良な清早器三代に凌ぐ精良な製品があります。