東洋美術福縁堂へ

元明清歴代釉裏紅、表釉詳解景徳鎮窯系
以下掲載した歴代釉裏紅写真品は時代優品や官窯品であり、一般民窯作品より発色は純正で優れています。なお、同じ時代同じ窯の釉裏紅の発色も多少違いがあることをご理解した上でご参考ください。

注1:日本では”辰砂”と呼ばれるものは基本的には釉裏紅の発色顔料と同じ銅紅釉であるため、辰砂器の発色の時代特徴も釉裏紅のサンプルを参考になれます。
注2:歴代釉裏紅器の胎土、造形、文様については、≪元明清歴代青花詳解≫へご参照ください。
時期 参考品 発色特徴 白釉特徴 描き技法 同期青花器との違い
元中後期 浅紅~紅~深紅~暗紅までいろんな赤い色調があります。
基本的には”土紅色”基調です。

元の銅紅釉は発色は相当不安定ですから、同じ器の発色も濃淡の違いや、酸化不足の緑色、灰色、黒色、あるいは過酸化による黄色、白化現象が見られます。

色の発散現象があります。色の癒着点が見られます。

まれに非常に発色良好なものもあります。
前期:白味強い影青釉
白みのある青調にガラス質の透明感があり。鴨卵殻色。

後期:卵白釉
土黄気味の濁白釉。光沢は柔らかい。

末期:赤味のある光沢強い青白釉。
点、線など単調な技法です。
紅地白抜きや局部染めの技法もあります
胎土はより荒い、高台足や高台裏の修正はより荒い。
土質灰白、造形重厚。

発掘品ばかりなので、本体や底部に土滲みや土錆が明らかです。
銘がありません。

元末明初
明洪武 赭紅、灰紅、暗紅、黒紅は多く、明亮な赤は極すくない。
基本の色調は”赭紅”(鉄分が多く含まれている)


顔料の癒着点や色の発散が見られます。

酸化不足や過酸化点が少ない。
青白、青灰で肥厚。
後期は乳白のガラス質、基本的に磁貫なし。

表釉の流れ現象あり(波浪釉)、縮釉現象が多く見られる。
単線没骨:発色鮮亮な器に多く見られる。
双勾埋色:発色暗い器に多く見られる。

発色と描き技法の関連性から、洪武釉裏紅の暗い発色は人為的な作りだとの見解があります。

東アジアへの輸出品の描きは簡単な一筆画。
地はやや荒い、
縮釉現象厳重。
前期には沙底が多い。

描きの染め技法は同時代の青花器にはない。


明永楽 質感のある深い紅色
深紅
表釉は蝦殻青だから、紅色には青白味が掛かる 染め技法が多く見られる。
辰砂器の出現。
明宣徳 欝結した血の色。
基調は”鬱血紅

顔料塗りは厚いから、暈ける現象はすくなくなった。
白みのある淡青で厚い、気泡、橘皮、棕明らか


明成化
発色鮮艶、欝結点や酸化不足、過酸化現象はかなりすくない。
基調は”鮮紅

発色極薄いものも多い、淡い青花色と調和するために人為的な作為と言われる。
表釉の光沢がのよい、釉層は厚い、潤いがある。 青花と併用する場合が多い。

明中期 釉上紅彩が流行りだから、釉裏紅はすくなくなった。
明嘉靖
明後期
~清早期
見当たりません。
清康煕
清雍正
清乾隆~嘉慶前期
清嘉慶後期~道光前期
清道光~同治豊
晩清(光緒~宣統)
民国

現代